CONCEPT
伊部の家づくり

省エネ・長寿命 エアサイクルの家

木の家にやさしい外張り断熱工法 エアサイクルの家エアサイクル」とは、何でしょう?
正式には、「エアサイクルシステム」と言います。エアサイクルを日本語に訳しますと「空気の循環」となります。この空気の循環に重きを置いた工法が「エアサイクル工法」なのです。

夏のシステム

換気口を開け夏は涼しく

1. 建物周辺の地表面温度の有効利用
2. 基礎断熱による冷蓄熱の有効利用
3. 壁・屋根における日射遮蔽及び熱気の排出
4. 開口部における日射遮蔽
5. 通風(室内の風通し)計画

夏期の建物廻りの温度は、日射の当たる南と日陰の北側では数度の温度差があり、地表面においてはその差はもっと大きくなります。
「エアサイクルの家」では日本古来の手法に立ち戻り、室内の通風と共に、北側地表面の涼しい空気を取り入れ、建物の最も熱の溜まる高所より排熱を行います。
また、屋根、壁においても、空気層を介して熱気の排出を行う複合システムとしています。

冬のシステム

換気口を閉じ冬は暖かい

1. 建物周辺の地表面温度の有効利用
2. 基礎断熱による暖蓄熱の有効利用
3. 開口部からの日射取得

冬のシステムは積極的に開口部より日射を集熱し、エアサイクル層を利用して他の居室へ熱配分を行います。
さらに、オプションの機能として、床下に発熱体を設け、室内の連通したエアサイクル層を利用して暖気を循環させることにより、壁、床、天井の6面を暖め、輻射暖房も行えます。

 

空気の循環でカビ・ダニ・結露・腐食・シロアリを予防!

充填断熱工法四季のはっきりしている日本においては、これまで様々な工夫で、住みやすい家を建ててまりました。その中で、皆様にもっとも馴染みのある断熱工法としては「充填断熱工法(じゅうてんだんねつこうほう)」が挙げられます。
これは、断熱材や高断熱性能のサッシなどで家をまるごとくるんで機密性を高めて「外の熱を屋内に入れない・外に屋内の熱を逃がさないようにしよう」という考え方の工法です。
しかし、これには大きな問題がありました。これは分かりやすく言うと、家そのものをビニールでくるんでしまうようなものなのです。そうすると、当然ビニールの中(屋内)には湿気がこもります。そして屋内と屋外で温度差が生じることで、断熱されていない部分(柱や梁)でその有り余った湿気が「結露」を起こします。この結露が、家屋にとって致命的となるさまざまな問題を引き起こすのです。
カビやダニの発生、そして湿気を吸った木材を好物とする シロアリの発生など。
カビやダニはアレルギーの原因とも言われ、そしてシロアリによって食い荒らされた柱や梁は、元通りになることはありません。たかが湿気ですが、それが家族にとって、そして家屋そのものにとって重大な問題を招くのです。

だからエアサイクルの家はいい!

夏涼しく 冬暖かい エアサイクルの家

株式会社伊部工務店 0257-24-1130

伊部の家づくり CONCEPT

PICKUP CONTENTS

  • コンセプト
  • 施工事例
  • 不動産情報
  • 会社案内
  • プレカットセンター
  • エアサイクルの家

業務内容ごあんない

建設業
一級建築士事務所
宅地建物取引業
排水設備公認工事店
フクビエアサイクル工法住宅中越地区施工特約店

新築・増改築・リフォーム・一般建築・設計施工・一般土木・一般住宅・住宅設備・外壁・内装・エクステリア関連・屋根工事・解体・一般木造住宅・建築塗装・下水道工事・給排水設備

PAGETOP